スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | (-)
朴保(パクポー)を見る
なぜか東京にいます・・・。

きのう統一マダンというイベントで、朴保(パクポー)のフリーライブを見た。朴保はついこの間、森達也の「放送禁止歌」に出てるのをYouTubeで初めて見て、名前の語感が面白かったので憶えてた(だって、ぽー、ですよ)。まさかライブ見ることになるとは思ってなかったけど。

なめていたけど、朴保かなりよかった。こんな実力派がほぼ無名(少なくとも私は聞いたことなかった)であるということが、日本の音楽業界の構造を象徴してると思った。ベテランのミュージシャンにありがちの民謡を取り入れた音楽性ではあるけれど、この人の場合はどう聞いてもパンソリ。アコギ弾いてる白髪まじりのオランウータン似のギタリストが妙に良いぞと思ったら、元甲斐バンドの松藤とかいう人らしい。ライブ前の音合わせの時、ジギースターダストのフレーズを弾いてたから只者ではないとは思ってたけど(あのレトロ左翼的な会場でジギーを知ってる人は、たぶん私だけだったと思う)ギターすごくよかった。

(朴保プロフィールより)
ぱくぽー。1955年山梨県生まれ。韓国人の父と日本人の母を持つ在日二世。79年、広瀬友剛の名でワーナーパイオニアからLPデビュー。80年、韓国を訪れ自らのルーツに目覚め朴保に。28歳で単身渡米以来、アメリカ、韓国、日本を自在に行き来しつつ幅広く活躍。梁石日原作の日韓合作映画「夜を賭けて」では音楽監督を担当。

音楽 | 12:47:38 | Trackback(0) | (-)
PROFILE

hananeko

  • author: hananeko
  • ほとんどケアできないので、
    コメント欄は閉じてます。
    ごめんね。ご意見はhananeko111☆mailどっとgooどっとえぬいーどっとじぇいぴー(☆をアットマークに、ひらがなをアルファベットに)まで。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05月 « 2017/06 » 07月
Recent Comments
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。