スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | (-)
高橋真琴の細密画
マンガミュージアムで高橋真琴の原画展示&実演を見てきた。印刷物ではプラスティックな感じに見える絵だけど、原画は色といい線といい物凄く繊細で美しい。はっきり言って細密画。誰もが印刷物で見たことのあるお花フリフリのあの絵だけれど、原画は一見の価値があると思った。

実演のほうはもう、あまりの細かい作業に見ていてクラッときた。見に来ていた人たちはたぶんコアな真琴ファンの人たちだと思うけれど、ファンでも何でもない私が一番かぶりつきで見ていたかもしれない。翁の(73歳のおじいちゃんなのだ!)体臭まで嗅げるほどに。仕上げに目に星を入れる作業の前に「ハッ!」と気合いを入れて筆を入れるのが印象的だった。だってもう、そのホワイトの線の細さといったら、たぶん0.1mmもないだろうと思われる。それって印刷に出るの?ってくらいに細い。大きな楕円の星を入れたあと、極めて細い線を横にスッと引き、継いで縦と斜めにひいてキラリ星をつくる。それから筆を替えて小さい星を3つか4つ。グラフィカルな絵に緻密な線、左右対称な顔はまさに職人芸。朝起きて机に向かい、あ、今日もまだ手は震えていない、まだ描ける、と思われるそうだ。立派だ。「野ばらさんに頼まれて挿絵描いたんだけどね、野ばらさんもいい経験をして、またいいもの作ってくれるといいね。芸術家はみんなそういうのあるからね。僕も昔はヒロポンとかしたけどね、ハハハ……」

マンガ・アニメ | 00:10:32 | Trackback(0) | (-)
PROFILE

hananeko

  • author: hananeko
  • ほとんどケアできないので、
    コメント欄は閉じてます。
    ごめんね。ご意見はhananeko111☆mailどっとgooどっとえぬいーどっとじぇいぴー(☆をアットマークに、ひらがなをアルファベットに)まで。
  • RSS
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08月 « 2017/09 » 10月
Recent Comments
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。