スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | (-)
「戦闘妖精・雪風」読んだ。
神林長平の「戦闘妖精・雪風〈改〉」「グッドラック 戦闘妖精・雪風」読んだ。物凄く面白かった。最初に出版されたのが84年(雑誌掲載は70年代からだったはず)。今まで聞いたこともなかったから、こんな面白いものがあったなんて、と驚いた。日本のSFに面白いものがあるわけない(筒井康隆みたいな娯楽もの以外)と思ってたからスルーしてたのかもしれない(単に無知なだけ)。正直言って、3回くらい泣いた。

続編の「グッドラック~」の方はちょっと冗長になってるところもあるけど、1作目の方はいわば片思い編でもあるから、より切ない。エピソードもいちいち美しいし。ほんとに贅沢な不満を言うなら、できれば「愛」という単語は使わずに通してほしかった。使わずにストイックで高度なラブストーリー(とも解釈できる)を描いてほしかったな。私の好みを言えば、続編から出てくる精神科医はいらないのではないかと。たいていの場合(映画でも小説でも)精神科医、特に若い女のそれが出てくると、物語はつまらなくなる。

アニメ版について怒ってる人の気持ちはよくわかった。話をはしょってるだけならいいけど、エピソードの内容をかなり改変してる。人物の性格も違うしホモ話だし。私が許せないのは、軍医が腹出しミニスカートの上に白衣を着てたり、軍の偉いさんの女性がチチ寄せ上げセクシールックだったり、そりゃないでしょ!と。GONZOは萌え素材を提供したいだけか(でも飛行機が飛ぶシーンは本当に美しかった)。

何と第3部がSFマガジン上で始まってるらしい。レベル保ってほしいな(すでに1作目のほうがいいし)。

本・雑誌 | 23:57:52 | Trackback(1) | (-)
【戦闘妖精・雪風】について
戦闘妖精・雪風『戦闘妖精・雪風』(せんとうようせい・ゆきかぜ)は、神林長平によるサイエンス・フィクション|SF小説。これを原作としてOVA・漫画化された。JAMと呼ばれる異種知性体との戦争を通して、人間とJAMと人間が作り出した機械の戦いと葛藤を描いていく物語である 2007-02-09 Fri 15:08:50 | ヒーロー大集合!!
PROFILE

hananeko

  • author: hananeko
  • ほとんどケアできないので、
    コメント欄は閉じてます。
    ごめんね。ご意見はhananeko111☆mailどっとgooどっとえぬいーどっとじぇいぴー(☆をアットマークに、ひらがなをアルファベットに)まで。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06月 « 2017/07 » 08月
Recent Comments
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。