スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | (-)
メディアと在日女
「ディア・ピョンヤン」の監督の人のことは前にも書いたことがあると思うけれど、この人が美人であることと、内容のない薄っぺらなことしか言わないことに、いかにもテレビ向き、メディア向きなものを感じて、イヤーなものを感じていた。メディア向きというのは、この人自身がメディア向きということではなく、メディアがこの人をメディア向きだと思うだろうという意味で、メディア向きだと思うのだけど。

この間その人が「たかじんのそこまで言って委員会」に出ていて、お、いよいよ来たか、と思った。相変わらず薄っぺらなことしか言わず、金美齢にボロカスに言われ、そして辛坊や勝谷に「美人ですねえ」「こんど飲みに行きましょう」とはやされていた。メディアに出る在日女というのは、いつまでもこういう存在なのか、とやっぱりイヤーな気分になったのでした。

スポンサーサイト
在日・韓国 | 23:00:00 | Trackback(0) | (-)
ウォン高
ぷいぷいで、ウォン高で韓国人旅行者急増のレポートしてた。ABCマートでスニーカーを物色する兄ちゃん、「韓国で買うと2倍する」といって買い物。昔は日本人が「安いから」と韓国で服や靴の買い物をしていたものだが、今は逆らしい。その他、
・韓国人が日本に来る場合、必ず訪れるのは大阪城。秀吉へのこだわりゆえ。
・道頓堀も有名。サッカーW杯の時のサポーターの飛び込みがテレビで放送されていたから。
・観光地としては京都よりも奈良の方が人気。朝鮮から渡った文化が最初に根付いた場所だとの意識で、寺社や史跡を訪れる人が多い。
・ゴルフと温泉旅行が人気。特にゴルフ旅行は大ブーム。

京都より奈良が人気というのが面白い。「ナラ」が韓国語で「国」という意味だということもあるのかもしれない。

在日・韓国 | 21:03:43 | Trackback(0) | (-)
民団と総連の和解
そうなんですよ、ここ一応、在日ブログなんですね…(そうだっけ?)。やっぱ歴史的な日ですから、一応書いとくべきかなと…。
しかしそんなことより、NEWS23でこのトピックを語る姜尚中と筑紫哲也のツーショットの何と絵になることよ。

これは姜尚中を昔から知ってる人に直接聞いたのだけど、姜先生は、若い頃からもう、メチャメチャもてていたそうで…。そりゃキザにもなるわな。

民団も総連も、本当に在日のための団体だったことなどないのだから、これからは心を入れ替えて(?)頑張って欲しいものです。

(7月11日追記)
白紙撤回ですって。やっぱり心を入れ替えるのは無理だったらしい。もうみんな解散したら?

在日・韓国 | 23:10:03 | Trackback(0) | (-)
韓国の男
 小説トリッパー韓流特集に岩井志麻子が寄稿してた。韓国男の精液は(唐辛子のカプサイシンのせいかどうかわからないが)辛い、とか、彼の父親が経営する焼肉店の2階でやってから韓国男が大好き、とか、相変わらず飛ばしている。

在日・韓国 | 23:05:11 | Trackback(0) | (-)
光復節
 パスポートの更新をしようと思って韓国領事館に電話したら、出ない。何だよ盆休みか?と思ってよく考えたら、終戦記念日だよ! 韓国では目出たい光復節。チョー祝日じゃないか。

 テレビでは終戦60年とかでここ数日戦争モノ番組ばっかり。今もNHK「日本の、これから」が終戦特集。ふと思い立って2chで実況を覗いてみたら、スゲー。全員ウヨ。櫻井崇拝、「チョン氏ね」の嵐。2chでは普通必ず少数意見もボソッと出てくるもんなんだけど、これに関しては全くなし。私わりと2chは民主的な場として概ね好感を持っているけど、やっぱオタは殆どウヨなのが実情なんだね。

 日本人ちゅうのはこれだけ過度に他人の目ばっかり気にして、お隣の人に自分がどう思われるか、隣の人と自分がどれだけ同じか、違うか、どうやって合わせようか、そんなことばっかりに心を砕いている(砕きすぎなくらい)人たちなのに、こと国単位になるともう近所だという認識ができないのな。たぶん日本人の「近所」認識を超えてしまうんだろうね。海を越えると、もう想像の範囲を超えてしまう。もうこそはカオス。そう考えるとオタがウヨなのも理解できる。オタは狭い世界の中で自足してる人種だし、まあ海外旅行もあんまりせんだろうから、外国なんてとおいとおい異国、自分には直接関わりがないから好きなこと言えるんだろうね。そして実際に生の中国人や韓国人を目の前にすると、いきなり萎縮しておとなしくなったりするんだろうなあ。

(追記)
 出演者の在日の学者が、番組の終わりにこんなこと言ってた。「私が初めて日本に来た時、ここには『市民』がいると思った。今、中国や韓国には徐々に『市民』が生まれてきているのに、日本人はまた『国民』になりかけている」
 日本人が「市民」だった時があったかどうかは知らないが、確かに中国や韓国には確実に「市民」が育ってきているようには見える。K.ウォルフレンも日本人は市民になれ、みたいなことを書いてたけど、そんなことできるのかなあ。市民とは自分で判断できる人のことを言うと思うんだけど、そんな人、日本人にどれだけいる? 一人一人がどんなにいい人であっても、「空気」と「立場」でしか動けない人は、市民ではないよ。

在日・韓国 | 21:25:17 | Trackback(0) | (-)
PROFILE

hananeko

  • author: hananeko
  • ほとんどケアできないので、
    コメント欄は閉じてます。
    ごめんね。ご意見はhananeko111☆mailどっとgooどっとえぬいーどっとじぇいぴー(☆をアットマークに、ひらがなをアルファベットに)まで。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04月 « 2017/05 » 06月
Recent Comments
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。